黒ずみに効果があるトレチノインの作用とリスク

黒ずみを改善する効果があると言われているのが、トレチノインで、
かなり強い美白作用があるようです。

 

この物質は、さらに潤いをキープ作用と、肌のターンオーバーを正常化する作用、
あるいは皮膚の表皮細胞を守る作用もあるとのことです。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンの生成をサポート

トレチノインは、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成をサポートしますし、
メラニン色素の肌への沈着を軽くするので、股黒ずみを改善することもできます。
なお、トレチノインはビタミンA誘導体の一種ですから、この効果は頷けます。

 

陰部にトレチノインは使えない

このように黒ずみに効果があるトレチノインですが、
これを肛門周辺や乳首、陰部に使用することはできません。
その理由は、肌への刺激が強すぎることです。

 

塗り過ぎたりすると、肌が剥けたりしますし、シミができる可能性があります。
肌が剥けるのは角質が除去されることとは言え、
剥けすぎると肌に大きなダメージを与えることになります。

 

ですから、トレチノインは皮膚科での処方でしか入手できません。

 

トレチノインは肌の過剰なターンオーバーを招く

トレチノインには肌のターンオーバーをサポートする作用があり、
この作用自体はいいのですが、ターンオーバーが必要以上に加速されて、
その結果皮膚が剥がれることがあります。

 

皮膚が剥がれると痛みを感じますし、雑菌が入り込むリスクが大きくなります。
したがって、トレチノインで、ターンオーバーが加速され過ぎるのは好ましいことではなく、
よって、陰部と肛門周辺や乳首など肌が弱い部位には使用できません。

 

また、皮膚科で処方された場合は、使用量や使用方法、
使用する場所をきちんと守る必要があります。
デリケートゾーン 黒ずみ ケア