股が黒ずみを解消する

股部分のビキニラインだけではなく、
肌はとにかく余計な刺戟を与えないようにしなければなりません。
股黒ずみの主な原因は、広い意味では正しいスキンケアがなされていないからと言えます。
ここでの正しいスキンケアとは、肌に刺激を与えないようにすることです。

 

正しいスキンケア

正しいスキンケアは肌を不必要に刺激しないことで、
その意味では下着や衣類などと肌の摩擦も刺激になります。
また、弱酸性の石鹸類は肌に良いとされていますが、だからと言って、
入浴やシャワーで肌をゴシゴシと擦るのは、肌を強く刺激することになります。

 

基本的に石鹸類を使う際には、
その泡に身体の表面の汚れや皮脂を吸収させるようにしましょう。
つまり、汚れを洗うのではなく、汚れを泡に吸収させるのが、正しいスキンケアなのです。

 

 

肌は優しく扱う

とにかく肌は優しく扱わないと黒ずみができやすいのは、
人が持っている自衛本能があるからです。
どのような自衛本能かと言いますと、体内にはメラノサイトという細胞があり、
肌が刺激されると、その刺激から肌を守ろうとしてメラニン色素が分泌されるからです。

 

通常、肌の細胞はターンオーバー作用で入れ替わっていますから、
この作用がきちんと働けば、メラニン色素を持つ肌細胞は入れ替わります。
しかし、この作用がきちんと働かないと、メラニン色素を含む肌細胞が残ったままになり、
股黒ずみなどで悩むことになります。

 

 

黒ずみ対策スキンケア

股黒ずみ対策スキンケアは外からと中からおこなう必要があります。
外からのケアで重要なのは、下着や衣服で股の部分を摩擦しないことで、
そのためにはきついゴムがある合成繊維類のものは避けるようにして、股部分への刺激を減らし、

 

さらに適切な保湿で摩擦の刺激を減らすことです。
同時に肌を強くこするような行為は避けるようにします。

 

中からのケアは肌のターンオーバーに重点を置き、肌の代謝がきちんとできるように、
ホルモンバランスに気をつけましょう。

 

そのためには睡眠を十分に摂ることと、女性ホルモンに良い食生活が必要です。
なお、黒ずみ改善の成分が配合されている美容液や美容クリームを
正しい用法で使うことも黒ずみ予防とスキンケアに役立ちます。

 

 

アンダーヘアーの自己処理で黒ずみができる!

アンダーヘアーの自己処理をする際に使うのは、ハサミやカミソリ、
あるいはシェーバーや毛抜きでしょう。
ハサミだけだと、股黒ずみになることはあまりないようですが、
カミソリや毛抜きを使うと股黒ずみができやすくなります。

 

肌を刺激するとメラニン色素が分泌される

肌の内部にはメラニン色素を生成する機能があり、肌に刺激を感じると、
自動的にメラニン色素が生成されて、それが分泌されて沈着すると黒ずみになります。
それが股黒ずみで、肌を刺激するのは脱毛に使うカミソリや毛抜きなのです。

 

したがって、ハサミだけでのアンダーヘア―処理ならば、肌に与える刺激が少ないので、
比較的黒ずみになりにくいのです。

 

しかし、カミソリやシェーバー、毛抜きなどは肌に強い刺激を与えますから、
メラニン色素が分泌する可能性が高くなります。

 

アンダーヘアーのセルフケア

第一にはアンダーヘア―のセルフケアの回数をできるだけ減らすことが、
股黒ずみを防ぐのに大切と言えます。

 

第二に、カミソリやシェーバー、毛抜きを使わないようにします。

 

つまりデリケートな肌をあまり刺激しないようにするのです。
そうすれば黒ずみになるリスクも減ります。

 

自己処理では保湿が何よりも重要

でも、アンダーヘア―の自己処理をしたいのであれば、ハサミを使うだけにして、
さらに処理後にはしっかりと保湿をすることが重要です。
セルフケアでダメージを受けた肌を保湿で優しくいたわりましょう。

 

また、メラニン色素が沈着しないようにするには、
肌のターンオーバーを安定させることが必要です。
保湿はターンオーバーの安定に不可欠と心得ましょう。

 

たまたまメラニン色素が沈着しないことがありますが、
だから大丈夫と油断しないでください。
股 黒ずみ 解消